ブログトップ > スポンサー広告 > 歌ってみたを始める方へ その3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > 音楽(製作) > 歌ってみたを始める方へ その3

歌ってみたを始める方へ その3

<<歌ってみたを始める方へ TOP

<<1.マイク

2.オーディオインターフェイス
パソコンとマイクを接続するのに欠かせない機材となります。
こいつの良し悪しでも音質などなど、多大な影響があります。
最近の製品ならばほぼ全て、USBで接続できるでしょう。

値段と相談していくことになるので、とりあえずコストパフォーマンスの良い一万円前後でご紹介。



最初のは歌い手さんで使ってる人も多いようです。
二番目はもう少し安いUS-122という型もありますが、使い方が少しややこしいのであまりお勧めしません。
最後のが一番安くて小さくて、使い方もわかりやすいと思います。

いずれにもCubase 5 LE(2010年末現在)という高機能なDAWが付属しているのもお勧めのポイント。
安いものを買うとDAWが付属(バンドル)されていないので注意してください。

中古も存在しますが、バンドルのDAWがなかったり、使えなかったりするので注意してくださいね。


使い方は各社それぞれなので、付属の説明書を読んでいただくのが一番かと思いますが、
多くの場合
1.マイク(MIC)の音量を変えるツマミ
2.PHONESと書いたツマミ
3.PHANTOMとかいたボタン

1.は録音時に使います。
また後で説明します。

2.はヘッドフォンやスピーカーの音量を決めます。
適正な音量にしましょう。
また、PHONESと書いた端子に注目してください。
これはイヤホンやヘッドフォン、あるいはスピーカーを接続するのに使いますが、だいたいはイヤホンのミニジャックではなくフォンジャックになっていると思います。
ミニジャックのイヤホンやヘッドフォンしか持っていない場合、変換ジャックを購入する必要があります。
1000円以下で楽器屋や電器屋で買えるでしょう。

3.これは電源ボタンです。
マイクケーブルを通じて電源を供給します。
コンデンサマイクという特殊な電源が必要なマイクを使う場合、このボタンを押せば使えるようになります。
先ほどお勧めしたSM58のようなダイナミックマイクという種類のものに通電すると、壊れる場合があるので注意してください。
また、コンデンサマイクであっても通電したままケーブルを抜き差しするのは良いことではありませんので、使用する時のみ入れるのがよいと思います。
高価なマイクを故障させると大変なことになりますので、注意してください。
コンデンサマイク、ダイナミックマイクについて知りたければ各自で調べてください。
持っているマイクがどちらかは、説明書などを見ればわかると思います。


さて、それではマイクとI/Oをケーブルで接続して、録音の下準備はできたといえるでしょう。
次はDAWの使い方を知り、録音してみましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://didu.blog97.fc2.com/tb.php/546-f177e18e

profile

でゅーく

Author:でゅーく




年齢 = 20代
住所 = 地球
趣味 = 歌うこと。聞くこと。
mixi = こちら

偉そうに曲レビューやってます。
レビューを読む前に読んで欲しい記事



mix始めました。詳細はこちら


ディスコグラフィ


過去に関わった歌ってみたのマイリストはこちら

freearea
entry
comment
archive
category
form
rss
link
copyright
Author by でゅーく

Designed by マンゴスチンw

でゅーく観察日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。