ブログトップ > アーカイブ - 2016年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > アーカイブ - 2016年09月

シャドバ/鳳凰の庭園

昔からわりとカードゲームは好きです。
一番最初は遊戯王・・・ではなく、モンスターコレクションという富士見書房から出ていたカードゲームです。
プレイヤー人口がまわりに少なすぎてあまり遊ぶ機会がありませんでしたが。

その後はアヴァロンの鍵や三国志戦記といった大型筐体のカードゲームになりました。

まあたいした遍歴はありませんが、
その中で悟ったことがあって、
とにかく俺は引きが悪い。

レアを引かない。ゲーム中もドロー運が悪い。

ですので、なるべくレアを使わない。事故らない。デッキを好むようになりました。


さてさて、シャドバの話に移りたいと思いますが、
シャドバではドラゴンを使用しており、事故らない?何それ?事故ったら負けますけど?みたいな感じで
脳筋を楽しんでおります。



そんな中で、2pickで使われて結構おもしろい展開になったカードがありまして、
それが表題の 【鳳凰の庭園】 というカードです。
使われないカードにもスポットを、ということで紹介してみようかと思います。
つたない文ですが、一度ご覧いただければと。


このカードの効果については
5コスト  アミュレット
手札のコストを半分にする(端数切り上げ)
というもの。

このカードを語る上で重要な要素があり、

デメリット
① 相手にも恩恵がある。
② 特に出したターンにおいて、自分への恩恵より相手への恩恵が大きい。

ここが気になって普通は採用されません。

ですが使ってみると意外と奥が深く、相手にとって思わぬ展開へ導くことができます。

使ってみた感じ、どうにもならない状況をひっくり返してくれる事は少ないですが
盤面が揺れている状況において流れを掴んでくれる印象です。


使っていて感じるメリットは
① コストが大きく、1ターンで複数プレイしづらいカードを複数毎出せる
② 相手に手札を使いきることを強要できる

①は良し悪しですが。ドローできるカードの少ないドラゴンが複数枚プレイしていたら
すぐに手札が尽きます。
これについては 【神龍】 でフォローできます。
神龍は手札を1枚捨てて2枚ドローする能力を持っていますが、捨てる手札がなければ単に2枚引いてくれるカードになります。
庭園が機能している状況において手札をなくすことは容易です。
神龍のデメリットは帳消しにできることと思います。
そもそも庭園を出したら2ターン程度でゲームを終わらせるのが理想なので、そこまで考えなくてもいいかもしれません。

②について、こちらはドンドン大型フォロワーを出していくことになるので、
相手は当然対処せざるを得ません。
攻撃力が5を超えるようなカードが次々と出てくるのですから、1ターン放置すれば次のターンには死が見えます。

この状況が強い、と考えています。
相手に手札のプレイを強要できるので、展開をある程度制御できます。
もちろんそれが不利に働くこともあるのですが、こちらが手札をきちんと用意していれば
パワー的に簡単に負けることはそうそうありません。


まあそんな感じで。
脳筋ドラゴンにしては頭を使って、状況を読んで使う必要があるカードだと思います。

ちなみに、双方手札が尽きたら後は運ゲーです。
ツモが全てです。
ですが重いカードの多いドラゴンに有利に働く要素だと思います。



それでは。

続きを読む

スポンサーサイト

profile

でゅーく

Author:でゅーく




年齢 = 20代
住所 = 地球
趣味 = 歌うこと。聞くこと。
mixi = こちら

偉そうに曲レビューやってます。
レビューを読む前に読んで欲しい記事



mix始めました。詳細はこちら


ディスコグラフィ


過去に関わった歌ってみたのマイリストはこちら

freearea
entry
comment
archive
category
form
rss
link
copyright
Author by でゅーく

Designed by マンゴスチンw

でゅーく観察日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。